最新号:2021.06.23更新

2020年1月~12月コラムはこちら

2014年~2019年コラムはこちら

チームコラムはこちら

結婚・子育て資金贈与の非課税

制度概要

結婚子育て資金の一括贈与制度は、直系尊属である父母、祖父母から子・孫に結婚・出産・育児の費用を非課税で贈与できる租税特別措置法の制度です。20歳以上50歳未満の受贈者を対象に最大で1000万円(結婚費用は最大300万円)までの贈与が非課税になります。非課税の対象となる費目については、内閣府HPに掲載されています。平成31年改正で受贈者は、前年分の合計所得金額が1000万円以下に制限されました。令和3年度は次の改正があり、令和5年3月31日まで2年間、延長されました。




贈与者死亡時、孫への贈与は2割加算に

贈与者が死亡した日までの贈与額(非課税拠出額)のうち、結婚・出産・育児に使用した金額(結婚・子育て資金支出額)を控除した未使用分(管理残額)は相続税の課税対象となっていましたが、新たに令和3年4月1日以降の孫への贈与は、配偶者および一親等の血族以外(代襲相続人である孫・孫養子を除く)への贈与に適用される、相続税額の2割加算の対象となりました。世代間の資産移転を促進する非課税贈与として創設された制度は、相続税法の取扱いがさらに適用され、利用しにくくなりました。


認可外保育施設も非課税の対象になります

非課税の対象となる育児費用の範囲に、新たに1日当たり5人以下の乳幼児を保育する認可外保育施設のうち、都道府県知事などから認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書を交付された施設に対する保育料の贈与も対象となりました。証明書を交付された施設のリストをHPで公開している自治体もあります。


非課税申告書は電子提出も可

この制度の適用を受けるため、取扱金融機関を経由して提出する非課税申告書は、令和3年4月1日より、電磁的方法によっても提出できるようになっています。


生活資金の贈与はそもそも非課税です

ところで結婚・子育て資金一括贈与の制度を利用しなくても、相続税法では、もともと夫婦、親子、兄弟姉妹などの扶養義務者からの生活費や教育費に充てるための贈与は非課税とされています。結婚・出産・育児の費用を都度、贈与する、贈与額はすべて使いきる、結婚式披露宴の費用は、双方で費用を分担する、贈与者の送金履歴、受贈者の支払記録を残すなど備えをしておきましょう。


バックナンバー

Weekly Newsのバックナンバータイトル一覧です(クリックでPDF表示)。

※2014年~2020年分は、こちらにて公開しております。

※各チームのコラムは、こちらです。

1月

2月

・令和2年度補正予算の超目玉!?(仮)事業再構築補助金

・令和3年度税制改正大綱   法人課税(M&A・投資)編

・特例措置は2021年2月末まで  雇用調整助成金

・持続化給付金など申請期限を延長   課税される助成金と計上時期

・令和3年度税制改正大綱   個人所得課税編

・令和2年分   確定申告の申告期限

・令和3年度税制改正大綱   法人課税(中小企業税制)編

・新事業転換への応援施策 ~事業再構築補助金の勧め~

3月

4月

・コロナで売上の減少した中小事業者に対する一時支援金の支給の申請手続

・YouTuberにも国際課税の洗礼

・上場株式の配当所得課税-有利な課税方式の選択-

・消費税総額表示義務  総額表示にしなくても良い例

・JTBの減資-合法的租税回避

・4月16日以降の申告に注意  確定申告期限延長申請の変更

・業務改善助成金の受付開始

・日本経済の救世主になれるか  M&A促進税制

・新事業転換への応援施策  ~事業再構築補助金の対象経費と記載事項~


5月

6月

・テレワーク支援のための助成金創設

・税制面でも有利に働く~経営力向上計画活用のススメ~

・住民税と所得税の異なる課税方式選択手続が簡素化

・令和3年分からふるさと納税の申告手続簡素化

・免税事業者が課税事業者となる訳

・月次支援金を活用しましょう


・結婚・子育て資金贈与の非課税

バックナンバー2014-2020