最新号:2019.12.11更新

過年度分バックナンバーはこちら

チームコラムはこちら

 ~PayPayやLINE Payも使えます!~  国外居住親族に係る「送金関係書類」

 国外居住親族の扶養控除等に必要な書類

成 28年より国外居住親族の扶養控除や配偶者控除等の適用を受けるときは、年末調整や確定申告の際に、その国外居住親族に係る「親族関係書類」と「送金関係書類」を提出(又は提示)することとなりました。

このうち「送金関係書類」とは、居住者がその年において国外居住親族の生活費や教育費に充てるために支払を行った都度、その親族に送金したことを明らかにするものをいいます。国外居住親族が複数いる場合には、「各人ごと」に「送金関係書類」が必要とされ、適用のハードルは高そうです。

 いろいろある「送金関係書類」の対策

①クレジットカードの利用

 「送金関係書類」にはクレジットカードの利用明細書も含まれます。国外居住親族に家族カードを持たせ、その親族の生活費や教育費の支払をそのカードで行い、国外居住親族「各人」の負担をしていることを記録する方法もあります。

②資金移動業者のサービスの利用

 クレジットカードによらず、資金を直接送金する場合には、金融機関が行う為替取引により居住者から国外居住親族に支払をしたことを明らかにする書類が必要となります。この「金融機関」には「資金決済に関する法律」に規定する資金移動業者も含まれます。資金移動業者として金融庁に登録されている業者には、NTTドコモ、LINE Pay、メルペイ、楽天Edy、PayPayなどお馴染みの企業もありますので、これらの業者のサービスを使う方法も考えられます。

③「送金関係書類の明細書」の利用

 「送金関係書類」は、その年のすべての送金関係書類の提出・提示が求められます。 なお、同一の国外居住親族に対して、その年に3回以上支払を行ったときは、すべての送金関係書類の提出等に代えて、次の事項を記載した明細書(国税庁仕様のもの)及びその年の最初と最後の支払に係る送金関係書類を提出することにより、扶養控除等の適用を受けることができます。

 1. 居住者の氏名及び住所
   2. 支払を受けた国外居住親族の氏名
 3. 支払日
 4. 支払方法
 5. 支払額

2019年バックナンバー

2019年下半期のWeekly Newsのバックナンバータイトル一覧です(クリックでPDF表示)。

※2014年~2018年分は、こちらにて公開しております。

※各チームのコラムは、こちらです。

7月8月
最近の税務調査事情・キャッシュレス・消費者還元事業制度
・返金不要の収益認識・遺留分権行使への対応と課税
民泊の伸張と民泊税務・免税販売手続きの電子化
・相互適用排除の税制改正

・ー

9月10月
・ふるさと納税と国地方係争処理委員会・軽減税率Q&A
・消費税増税と住宅関連制度・税務調査と受忍義務
・多様化する国税の納税手続・少し進化のコンビニ納付
・中小企業 防災・減災投資促進税制・NISAとiDeCoどちらがお得?

・-

・消費税のQ&Aだけでの立法
11月12月
・ふるさと納税 自己負担が2,000円で済まない例外・給与所得控除と基礎控除の変更点(令和2年より摘要)
・便利に変わったeLTAX-もう銀行に出向かなくともよい!

~PayPayやLINE Payも使えます!~ 国外居住親族に係る「送金関係書類」

義援金の控除と見舞金の損金算入
・~コンビニやファミレスで利用~ 事業用定期借地権の評価
Backissues2014-2017