最新号:2021.09.22更新

2020年1月~12月コラムはこちら

2014年~2019年コラムはこちら

チームコラムはこちら

消費税の課税の対象  宇宙空間にある人工衛星の譲渡


民間宇宙ビジネスは急成長分野

米企業家のイーロン・マスク氏が設立したスペースX社は、民間企業の製造・所有する宇宙船を用いて、初の国際宇宙ステーション(ISS)への有人飛行に成功しました。人工衛星の打上げ費用も2億ドルはかかると言われていた時代から、近年では6,000万ドルまで削減。ホリエモンこと堀江貴文氏も「世界一低価格で便利なロケット」の開発を目指すと、宇宙ビジネスに参入しています。動向が非常に気になる事業分野となってきましたね。





20年前に人工衛星の消費税の取扱い?!

税理士が用いる判例データベースTAINSには、判例・条文の他、情報公開法に基づく開示請求により入手した様々な行政文書が掲載されています。
これを見ると、たまに面白いものに当たることあります。
今回は、平成12年の国税庁の消費税課の資料で「人工衛星の輸入、打上げ、宇宙空間における譲渡」を取り上げましょう。

内容は、外国法人A社が保有する人工衛星を、日本法人B社を輸入者として日本に輸入。
その人工衛星の打上げを委託された日本法人C社が日本から衛星を打上げ。
その後、衛星が宇宙の軌道に乗ったことを確認後、A社からD社に人工衛星を譲渡したというシチュエーション。

これら①輸入・②打上げ・③宇宙空間における譲渡の消費税の取扱いが記されています。

宇宙空間にある人工衛星を譲渡したら?

それぞれの取扱いは、次のように示されています。
①人工衛星の輸入取引
輸入名義人のB社の仕入税額控除となる。

②人工衛星の打上げを受託した場合
非居住者(外国法人A社)の依頼により行う人工衛星の打上げは、非居住者に対する役務の提供に該当し、輸出免税となる。

③宇宙空間にある人工衛星の譲渡
消費税法上、国内とは「この法律の施行地」をいい、宇宙空間はどの国の主権も及ばない区域である。衛星が宇宙の軌道に乗ったことを確認した後に行われる人工衛星の譲渡は、資産の譲渡が行われた時に資産が国外に所在するため、国内取引に該当せず、日本の消費税の対象とならない。

バックナンバー

Weekly Newsのバックナンバータイトル一覧です(クリックでPDF表示)。

※2014年~2020年分は、こちらにて公開しております。

※各チームのコラムは、こちらです。

1月

2月

・令和2年度補正予算の超目玉!?(仮)事業再構築補助金

・令和3年度税制改正大綱   法人課税(M&A・投資)編

・特例措置は2021年2月末まで  雇用調整助成金

・持続化給付金など申請期限を延長   課税される助成金と計上時期

・令和3年度税制改正大綱   個人所得課税編

・令和2年分   確定申告の申告期限

・令和3年度税制改正大綱   法人課税(中小企業税制)編

・新事業転換への応援施策 ~事業再構築補助金の勧め~

3月

4月

・コロナで売上の減少した中小事業者に対する一時支援金の支給の申請手続

・YouTuberにも国際課税の洗礼

・上場株式の配当所得課税-有利な課税方式の選択-

・消費税総額表示義務  総額表示にしなくても良い例

・JTBの減資-合法的租税回避

・4月16日以降の申告に注意  確定申告期限延長申請の変更

・業務改善助成金の受付開始

・日本経済の救世主になれるか  M&A促進税制

・新事業転換への応援施策  ~事業再構築補助金の対象経費と記載事項~


5月

6月

・テレワーク支援のための助成金創設

・税制面でも有利に働く~経営力向上計画活用のススメ~

・住民税と所得税の異なる課税方式選択手続が簡素化

・令和3年分からふるさと納税の申告手続簡素化

・免税事業者が課税事業者となる訳

・月次支援金を活用しましょう


・結婚・子育て資金贈与の非課税


・確定申告義務がある還付申告の制度廃止

7月

8月

・令和2年度第3次補正予算  事業承継・引継ぎ補助金

・税務実務DXへ向けて元帳印刷の不要化

・4つの利益の違いは?

・雇用保険料の引き上げ  雇調金増、財源が不足

・源泉所得税のクレジットカード  納付のススメ

・オリンピックの報奨金は非課税だけど…未成年者の確定申告

・DXを見据える令和2年分確定申告状況 

・途中入社の方の住民税の特別徴収への切替手続きは済んでいますか?

9月

10月

・消費税  インボイス制度いよいよ始動


・自分は課税事業者? 免税事業者?


・個人事業主の家賃按分


・消費税の課税の対象  宇宙空間にある人工衛星の譲渡


バックナンバー2014-2020