最新号:2018.12.19更新

過年度分バックナンバーはこちら

チームコラムはこちら

損金不算入の延滞金等と損金算入となる延滞金

 3種類の延滞金

付期限に遅れた場合に科せられる罰金ですが、国税・地方税・社会保険料で同じような言葉を漠然と使っていても、その内容に違いがあります。


(1)国税にかかる「延滞税」

国税については国税通則法第60条で納期限後の納付には「延滞税を納付しなければならない」と定められています。


(注)罰金ではない国税の「利子税」 法人税の申告納付は事業年度終了の日から2か月以内ですが、所定の場合には期間を延長することもできます。この延長された期間に対応する利息相当分が利子税(国税通則法第64条)と呼ばれます。

(2)地方税の「延滞金」

地方税法では、第64条(納期限後に納付する法人の道府県民税に係る延滞金)や第65条(法人の道府県民税に係る納期限の延長の場合の延滞金)など、税目ごとに規定があります。地方税では国税での延滞税や利子税ともに延滞金という用語を使います。

(3)社会保険料の延滞金

社会保険料(健康保険、厚生年金保険、子ども・子育て拠出金)についても、健康保険法第181条(延滞金)等で、督促状の指定する期日以降に納付がされたときは延滞金がかかる旨が規定されています。

損金不算入の延滞金

延滞にかかる罰金を支払った時は、会計上は租税公課等として経費計上します。しかしながら、罰則的意味のため損金には算入されません。法人税法第55条(不正行為等に係る費用等の損金不算入)第3項一号に国税に係る延滞税等、二号に地方税法の規定による延滞金は損金不算入とあります。

一方、申告期限の延長にかかる分は罰金ではなく利息なので、損金算入です。上記規定ではカッコ書きで除外されています。

社会保険料の延滞金は損金算入

社会保険料の納付遅延に伴う延滞金も罰金でありますが、上記損金不算入の規定で挙げられていないため、損金算入できます。

会計帳簿に面倒がらずに明細を書いておく

延滞金の納付時に上記の区分を会計帳簿に明記しておけば、決算の時に納付書をひっくり返して探す手間は省けます。日頃の適切な記帳が大事です。

2018年バックナンバー

2018年のWeekly Newsのバックナンバータイトル一覧です(クリックでPDF表示)。

※2014年~2017年分は、こちらにて公開しております。

※各チームのコラムは、こちらです。

1月

2月
【H30年度税制改正】個人所得課税編配偶者控除改正と健康保険の被扶養者
【H30年度税制改正】法人課税編1 / 損益確定による、仮想通貨の申告
・【H30年度税制改正】資産課税編1・マイホームを売ったときの特例
【H30年度税制改正】消費課税・納税環境整備編医療費控除の手続が変わります!(H29年分~)
【H30年度税制改正】国際課税編・どんな人が納める?個人事業税を納める人
3月4月

還付金等と還付加算金

領収書
【ふるさと納税】ワンストップ特例と確定申告

法人税法22条の2の創設

生命保険の生存給付金事業承継税制の特例(10年限定)
【消費税の特定仕入】仕入税額控除の際は要注意!・数次相続での免税措置
5月6月
・配偶者(特別)控除の変更点・変わる基礎控除とその歴史
・相続税の延納制度・住民税決定通知書とふるさと納税
・物納制度の財産順位が変更されました・電子申告と法的根拠
・燃料サーチャージと出国税・電子申告委任の範囲
・新・中間省略登記と登記税・取得税・消費税・中小企業の電子申告義務化?
7月8月
・地上げと買い換え・副業の給料は乙欄課税
・災害に関する個人の税の軽減・e-Tax 利用の簡便化
・各種所得控除の改正欠損金の繰戻し還付と事業税および法人住民税での調整
・建設業許可と決算報告の重要性・国税庁レポートから読み解く2018年度の重点事項
・―

・本店移転後の中間/予定申告書の提出先・納付先

9月10月
・交際費課税の特例延長・ⅠоT投資減税スタート!
・滞納発生割合、国税庁発足以来最低の1%・【3種類目の租税に関する条約】大型案件が初めて運用!
・固定資産税は気を付けて・【消費税】軽減税率導入まであと1年!
・修繕費と資本的支出・大きく変わる今年の年末調整
・酒税の税率構造の見直しと日本ワインの表示ルール開始・自筆証書遺言保管制度の新設と遺言書方式の緩和
11月12月
・来年法規制?ふるさと納税の動向・医療費控除いろいろ
・免税復帰届出の提出可能日

・コンビニ決済も可能なQRコード納付手続き

・新たな定款認証制度がスタート・損金不算入となる延滞金等と損金算入となる延滞金
・103万パート勤務時間調整には、改正に注意!
Backissues2014-2017